ロシア絡みのネタ

FROM イングランド

学生復活第一日目。張り切って・・・てかちょうどいい時間の電車がなくて早めに到着。教科書を購入し、まず初級編の授業に参加。女性ばかりバクを含めて5名。今日は復習的内容だったのでそんなに難しくなかったかなぁ。でも基礎のない女バクとしてはここできっちり身に付けなきゃいけないところ。

一人でランチの後、中級クラスへ。何年もこの講座を取っている方々らしく、皆さん顔見知りっぽい。リタイアしたおじーさんとかね、まだ数年しか勉強してないって言うけどすごく知識があるのはよくわかります。語学が好きな人が多いみたい。テキストが結構難しいので予習なしでは厳しそう。CD付だから自習もできる・・・やるのか??

イギリスでボランティア中の毒舌ちゃんが一時帰国していた。最後の晩餐にいつもの板橋の店をリクエストしてくれたのでいって来たよ。

大雨がふったせいでお店は結構空いていたのでおかみさんも同席しーの、飲みまくりーの、食べまくりーの。

Hitsumabushi まずお通しのつぶ貝(だっけね)、菜の花のおひたし、カレイの煮付け、カレイの唐揚げ、ゴーヤーチップス、タコブツ、梅ジャコサラダ、ピリ辛ソーセージ炒め、鶏の唐揚げ、おしんこ盛り、うなぎのひつまぶし・・・半分位がサービス。更に飲み物はサワーグラスでなくジョッキで。2人だからいつもよりは割高だけど(毒舌ちゃんの誕生祝いでバクのゴチ)それでも十分お得でしたわん。

かれこれ20年近いお付き合いの毒舌ちゃんですが、相変わらず若々しく、毒舌で面白かったわ。半年後に帰国祝いもするだがね。

貯まったマイルで行きはビジネス、帰りはファーストだってさ!!ああ、どんだけゴージャスなんだろうねー。JALのキメ細やかなサービスについて早く日記UPしてほしーね。

| | コメント (4)

昼寝の日々

今週は驚くほど平和な日々が続いている我が職場。

残業もせずほぼまっすぐ家に帰っているのに寝不足で昼休みは20分でお弁当を食べてその後爆睡。

何でかっていうとSkypeでの日本語レッスンが延々続くからなのね。

しばらく話さない間にメキメキ日本語力をつけてきているシモンおじさん。テストの結果もまあまあだったようで自慢モード。

いろいろ説明不可能な質問が飛び出すんだけど、「そんなの説明できないなぁ」って独り言のつもりで言ってたら「説明できないんだ?じゃいいよ(これはロシア語で)」と言われて「え、もう私の日本語わかるんだ、すごいね」と褒めたら調子に乗りまくり。こりゃ、うっかり悪口も言えませんぜ。危険危険。

今日も3時間コースだったのでぐったり。宿題手伝わされるのはごめんなので「答え合わせだけしてやる」と明日にまわしてみました。さ、寝なくちゃー。

| | コメント (5)

来週から

もうすぐロシアから帰って1年が経とうとしているのに、お金は全然貯まらないし、勉強も全然していない。山ほどある教科書たちが泣いているよ。

バクは独学ができない性質なのだ。

で、決めました。

来週から週に1回学生に戻ります。公開講座に参加します。

休みが半日以上潰れちゃうから今まで以上に遊べなくなりますが、お許しください。

| | コメント (5)

そんな事ですねるか?

シモンおじさんの職場には5年以上前から独学で日本語を勉強する部下Sがいる。

独学でここまで話せるのはすごいなぁと前から感心しているが、時々言葉に品がないというか、乱暴な言葉を使うのが玉にキズ。

先日、日本に来たときは日本刀の柄巻用の紐だけを買いたいと言ったので、バクはネットで検索したり、いろんな刀屋さんに問い合わせをして大変だった。「紐だけを売ってる店はそうそうないらしいよ」と言っても「これは大事な問題。私は絶対に買って帰るからバクは努力して」って日本語で頼んできた。もはやお願いでなく命令。結局時間がなくて買いにいけなかったけどすごく残念がっていた。

ペテルに帰ったSにシモンおじさんが「日本はどうだった?日本語いっぱい話した?」と聞いても「忙しくてとても疲れた。もうあんたとは日本語で話したくない」と急に態度が変わったらしい。

いったいSに何があったのか?

バクが柄巻を買いに行ってあげなかったから?

いや、原因は彼がシモンおじさんが日本語クラスで勉強をしていることを知ってしまったかららしい。

シモンおじさんは学校で勉強していることを内緒にしていた。バクにも口止めをしていたんだけど、劇場内に同じクラスで勉強する人がいるからそこから判ったのかもしれないと言っていた。

このSは前に自分が日本公演にいけなくてシモンおじさんが行った事を根に持って彼女と共にありとあらゆる嫌がらせをしたらしい。その甲斐あって(?)今回は日本に来れた訳じゃない?なのに今度はロシア語を学校で勉強している事を妬んで口きかないってどうなんだろうか。

バクは今学校に通ってないけど、誰かが学校に行こうとロシアに行こうとそれを妬むことはないよ。だってその人がお金払うなり、情報を得るなりして掴んだチャンスだから。

語学に限らず、仕事でもなんでもライバル心ってあるだろうけど、人のやってることをあれこれ口出ししたり批判したりするのは醜いよね。いい年したオトナがくだらねーなぁと思っちゃった。

| | コメント (2)

日本語教材~テキスト編

Skypeでシモンおじさんの日本語レッスンに付き合う。

テキストを読むおじさんの後に繰り返してあげたり、説明してあげたり。

今日は「みんなのけいじばん」という掲示板に貼り出された内容を読み上げていた。

 「中国語を習いたいです。毎週2回1時間お願いします」

 「うちの猫を見ませんでしたか?ミミィという名前です。2丁目 小野」

 「ベッドを売ってください。3000円でお願いします。8時まで働いているので9時ごろに電話をください」

 「こいねが生まれました。白いのが3匹、黒いのが2匹です」・・・

おいおい、こいねじゃないから。

バ「собака(サバーカ)は日本語で何?」 シ「いね・・・あ、いぬ?」

バ「じゃ、щенок(シィノーク)は?」 シ「いぬこ!!

・・・大真面目なのに申し訳ないけど大笑いさせてもらったよ。だって「こいね」のヒント出てるのに。

ま、たった半年でここまで読めるようになったのはすごいね。バクなんてこんなに読めなかったもん。感心感心。

| | コメント (4)

正すべき?

モスクワのオクサーナ一家からメールが来た。

去年の秋からメールが使えなくなってしまったらしいのですごく久しぶり。

で、まず最初に書かれていたのが

「バクの国の新年おめでとう!東洋暦のお正月だよね?」

・・・えーーーっと、日本のほとんどの土地では旧正月は祝わないんだよねぇ。でもせっかく祝ってくれてるのに訂正もしづらく、返信にどう書くか考え中。

でも超ロングな家族中の愛情あふれるメールを送ってくれたので、バクもつたないながらも誠意のこもった返事を書こうと思っております。

バクにはモスクワに家族が二つ。オクサーナ家とナターシャ家。どちらも出会えたことを感謝したい、損得なしで思ってくれる大事な家族です。

| | コメント (2)

住んでますか??

郵便局から変なハガキが来てるよとママりんに言われたのが火曜のこと。

Photo_2 宛名をなんて読むのか判らんのでこの手紙をポストに入れていいのでしょうか?ってことですな。たいていみんな英語表記で書いてくるからロシア語だけで書いてきた人は初だったのね。で、郵便屋さんはこれをバクジュンと読むとは判るはずもなく、持って帰ってしまったのだ。

もちろん速攻ハガキに書いて投函しましたわ。ついでに家族全員の名前も書いてね。

で、木曜に届いたのがこれっす。

Photo_3ペテルの学校で教わっていた先生、オリガからの遅めの年賀状。バクが送ったのでそのお返事です。

面倒見のよいスパルタ教師だったオリガはよく課外授業に連れて行ってくれた。(バクジュン日記ペテル編を読もう)その時に撮った写真も送ったら喜んでもらえたよ。

が、これだけぎっしり書いていただけると読むのに時間もかかりそうでしゅ。ありがたし。頑張るぞー。

| | コメント (3)

ゲロゲーロでも

バイトは休まずに行きまして。ギリギリまで寝ていたら電車に乗り遅れて新幹線で東京まで行っちゃった。2.5倍だけどゆっくりメイクもできるし(家でやって行けって?)、早く着くしいいねー。何より遅刻は信用にかかわるからね。

今回のバイトはケータリングだったのでコーヒーや水を準備しておくのがメインの仕事。300人の出演者・スタッフのためにひたすらお湯をくむバクジュン。ポット4本でもあっという間になくなりますからね。

ご飯は食べられないのでりんごとゼリー系サプリで生きながらえたよ。

マチネ(昼公演)だったおかげで7時頃に開放されて、上野駅へ急ぐ。岡山からNさんが上京してきていたのでお茶することになっていたの。

バクの病状を心配してくれてたけど、せっかくのチャンスだし、ぜひ会っておきたかったから。パステルへ入ってNさんはパスタセット、バクはデザートセット。とろけるプリン久しぶりだなー。閉店時間が近いとプリンの種類が一気に減る&暖房を弱める(切る??)ので激寒になるのが玉にキズだな。

Nさんとはモスクワで知り合って、その後も遠距離ながらもホソボソとお付き合いは続いております。バクが愛媛・岡山一人旅をしたときもお家に泊めてもらって、お父様にも町を案内してもらったりと大変お世話になったのよ。(バクジュン日記この辺を参照)

楽しい時間はあっという間に過ぎ、Nさんと上野駅構内で写真を撮り(バクには恥ずかしいという意識ないので)再会を約束しお別れ。その足でドラちゃんの家に向かう。病人のくせにヒトサマのお宅に泊めていただく、この図々しさは誰譲り?

翌日に備えて早寝する気もまったくなく、ダラダラとお喋り(ほとんどバクが)し、いよいよ寝るぞという時に異変発見!

歯ブラシが3本に増えてる!!!

そりゃさっそくつっこむっしょ。そしたら

「あー、あれ掃除用」。

相変わらず一人暮らしを満喫しているねーさん。卵粥ご馳走様でした♪また泊まりに行きますぅーー^^

| | コメント (0)

FROM モスコー

ロシアでは新年に家族や友人同士でプレゼントを贈り合う。

モスクワのナターシャが住所を教えてとメールをしてきたのは1ヶ月ほど前。そして27日に送ったから届いたら連絡してねっていうメールも来た。

バクももちろんロシアの家族、ナターシャ一家とオクサーナ一家にはEMSで荷物をどっさり送った。送料だけで1万2千円くらいかかったよ(泣)家族全員にそれぞれプレゼントを用意するのは結構大変だね。

昨日、ポストに不在通知が入っていたので仕事帰りに取りに行ってきた。ロシアのゆうパック的ボックスにいつも入れて送ってくれる。送り主はナターシャの旦那アンドレイ。

帰って開けてみたら、笑っちゃうくらいどっさりとロシアのお菓子が詰まっていた。とても一人で食べる量じゃないんだけど美味しいのもあれば微妙なのもあるからね。人様に振舞うのにも注意が要るのだ。

Photo お菓子に埋もれていたのは木彫りの置物。ソ連時代の2カペイカ(小銭)を身に着けていて、仕事運とかがあがるんだって。笑顔のじーさんっぽくて可愛い♪さっそく玄関に飾っております。

お礼の電話をしたらアンドレイが出て、「バクはいつ家(ロシア)に戻ってくるの?」って聞かれて貯金まだできてないことは言えなかったよ。あー、宝くじ当たらないかなぁ・・・

| | コメント (5)

ソニンがやってくる!!

明けオメールの返信でソニンが「来月日本に来るよって書いてきた。

非常に勤勉な彼女の目下の悩みは「韓国ではロシア語が話せるくらいじゃ就職できない」ということ。日本よりもロシア語習得者人口が多いといわれる韓国。ロッテホテルのモスクワ進出やサムソンLGなどのメーカーもロシアではすっかり定着している。が、企業が求めるのはロシア語+経済学専攻などの学生で人文学部出身者はなかなか仕事に就きづらいとのこと。

ペテルにいる時から先輩達に「ロシア語だけじゃダメよ!今からでも専攻を変えなさい」とアドバイスをされていたもの「好きじゃないことを勉強したくない」と悩みに悩んでそのまま人文学部で頑張っていくことにしたソニン。

先月Skypeで話したときに「ロシア語だけより日本語もできるっていったほうがいいかなと思って日本語の勉強をまた始めた」と言っていて、短期の交換留学プログラムに申し込んだらしい。

もともとおばあさんに日本語を教えてもらった基礎があるので彼女の日本語は発音がいい。絶対合格するだろうなとは思っていたんだけど受かってよかったね。

で、どこに来るのかというと晴れの国岡山。バクのお友達Nさんが岡山にいるからまた遊びに行くという手もあるんだけどちょっと遠いなぁ。広島とか関西に旅行に行く予定だというのでその間にどこかで会うよう調整しますわ。大阪に行ってはるたろう様に再会するってのもありか?

日本で再会できて嬉しいなぁ。TDLに一緒に行きたかったけど今回は無理そうだね。

Nさん日記見てます?私の友達が岡山に行きますので遊んであげてください。メールしますね。

| | コメント (6)